イメージ写真
HOME > ABBRとは?

ABBRとは?

abbr

ABBRは、ユーザ自らが簡単カスタマイズを行えるフレームワークABBR(Application Builder Binary Resource)。レイアウト変更機能、サーバロジック変更機能、照会画面作成機能、既存システムとの連携機能、帳票ジェネレータ機能、DBカスタマイズフィールド登録機能など多才な機能が備わっています。既存のソフトウェアをクラウドコンピューティング化しようと考えているお客様にも最適です。

Cloud2Mfgの最大の特長 ロジック指定によるCSV連携
既存システムとの連携を行うためのデータのインポートとエクスポートが可能です。CSV取込設定(インポート)ではユーザのローカルデータを元に項目を指定してCloud2Mfgへアップロードをします。CSVエクスポート設定では、Cloud2Mfg上にあるデータに対してエクスポート定義を行い、ユーザのローカル条件に合わせた形でデータをエクスポートできます。単純なデータの移動ではなく、ロジック指定による情報の連携・更新が最大の特長です。

 

easylayout serverlogic
コントロール機能を使って、ご利用の画面から簡単にカスタマイズが可能。 項目追加、変更などのレイアウト変更だけでなく、入力画面、照会画面の作成も プログラム知識がないユーザでも操作できます! サーバーロジックも修正可能。難しいJavaなどの知識は一切必要ありません。画面上で必要項目を埋めるだけでサーバーロジックを自動生成します!

 

reportgenerator searchwindow
お客様の帳票データを出力します。また、データを基に統計データも作成も可能。情報分析や経営判断などに役立ちます!また、帳票テンプレートも自身の手で作成が可能です。 照会画面、検索条件をユーザ自身が設定できます。データベース項目から照会画面、検索条件に必要な項目を選択したり、表示の順番なども簡単に設定できます。また、画面作成時にCSV出力が可能となります。

 

customisingfield データベースカスタマイズが可能
データベースのカスタマイズフィールドを提供します。Cloud2Mfgの現在のデータベース情報を簡単に照会できます。また、ユーザ用にカスタマイズフィールドを提供したり、自社の運用にあわせたフィールドを登録することが可能です。このアプリケーションは、ABBR機能を使う上での基本設定項目です。